不動産投資とこれからの金利の変化

不動産投資は、超低金利なので、以前に比べてお金を借りやすくなり、その分多くの人たちが投資をできるようになりました。
以前より楽になったという人もいます。
しかし、金利では、いつまでも低い状態が続くとは考えられません。
低くなったり、高くなったりしながら変化をしていきます。
海外では金利が上がる状況の国もあります。
日本の場合にも、これからどうなるかわからないので、住宅ローンもよく考えて、変動金利か固定金利を選ぶ必要があります。
固定金利では、そのままの状態が続くので、リスク回避に役だちます。
このまま低金利が住宅ローンの完済まで続けば、変動金利でも不満はないのですが、20年も30年も今の状態が続くとは考えられません。
金利が上がりだしたら変更をすればよいという考え方もありますが、そうなった時には急激に上がるかもしれず、タイミングを失い、高金利の返済に変化する可能性もあるので、その点も十分考えて決める必要があります。